ネイリスト

ネイリスト

人気のジェルネイルを仕事に!プロのネイリストになるには資格が必要?

ネイリスト 協会

ネイリストになるには、資格が必要か?といえばそうでもないのですが、
資格があるとないとではバイトでも正社員でもお給料が大きく変わってきます。

日本ネイリスト協会のJNAの資格の有無や、ジェルネイルメーカーの資格の保有などで、
就職の難易度も変わってきます。

資格がない人は技術向上のために、夜遅くまで残って他のネイリストさんの仕事をお手伝いしたり、
ネイルチップでデザインの練習をしたり、自分でモデルさんを探して、ネイルを実習しなくてはいけません。

いろんな人の手の形、爪の形、大きさなどで実習を重ねることでやっとお客さんを任せてもらえるようになります。
それまではアシスタントなどのお手伝いに回るので、資格の有無は大きな違いとなります。

サロンの求人募集要項を見てみると分かると思いますが、経験者や資格保有者は優遇されます。
まったくの未経験者や素人の人は、どうしても見習いから始まるため時給はかなり安いです。

ネイリスト 検定

検定はさまざまなものがあり、ネイルポリッシュからの基礎、
ジェルネイルの基礎、スカルプチャーなど、いろいろな技術によって試験内容も異なります。

そのため、初級、中級、上級と別れるだけでなく、ジェルネイル、ネイル基礎などとも別れます。
さらには協会もJNA以外にありますが、JNAが一番大きな協会となっているため、
ネイルサロンの募集要項にはJNAの○○の資格保有者優遇など書かれていることが多いです。

検定は、ジェルネイル検定は年に2回、ネイリスト検定は年に4回あります。

さらにはメーカーごとの検定もあるります。
タカラベルモントやカルジェルなどは別途資格が設けられています。

技術だけではなく筆記試験もあるので爪の構造などの勉強も必要となります。

ネイリスト 学校

ネイルの学校はたくさんあります。
専門学校から小さなマンションの一室でやっているようなネイルスクールまでさまざまです。

ネイリストになるための検定を受けるのであれば、JNA認定講師がいるスクールに通いましょう。
ネイルスクールは特に資格がなくてもできてしまうのですが、
趣味ではなく、働くことを目的に習うのであれば、認定講師が教えてくれるスクールがいいです。

自分の家からも近く、費用も適正なところを選びたいですよね。
また、できれば講師は若い人がいるところをお勧め。

デザインのセンスに関しては、やっぱり30代までのネイリストがいいと思います。

時代感がデザインに出てしまう講師は技術はすごくてもお勧めできません。
できれば、きちんとしたスクールで講師も何人か在籍していることろが安心です。

【ケイコとマナブ】全国にあるネイルスクールのネイル講座を無料で資料請求